ここから本文です

リオ銀メダルメンバー 飯塚翔太が意地の200メートルV

デイリースポーツ 9/24(土) 16:32配信

 「全日本実業団陸上・第2日」(24日、ヤンマースタジアム長居)

 男子200メートルが行われ、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルメンバーの飯塚翔太(25)=ミズノ=が20秒57(無風)で初優勝を飾った。

 リオ五輪200メートル代表の藤光(ゼンリン)、高瀬(富士通)らを退け、メダリストとして貫録のV。「今日は勝負に徹した。疲労は溜まっていたけど、楽しかったし、来季に繋がる走りができた。やっぱり優勝は気持ちがいい」と、さわやかな表情で汗をぬぐった。

 リオでともに歴史的な快挙を成し遂げたリレーメンバーのケンブリッジ飛鳥(ドーム)、山県亮太(セイコーホールディングス)もエントリーしていたが、25日の100メートルに備え、出場を回避。「残念。でも明日の100は楽しみですね。山県が先に出て、後半どうなるか。1番盛り上がるパターン」と、対決をあおっていた。

最終更新:9/24(土) 16:50

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革