ここから本文です

初V豪栄道、高卒エリートも大関で苦しむ 史上4位のスロー記録も

デイリースポーツ 9/24(土) 18:28配信

 「大相撲秋場所・14日目」(24日、両国国技館) 

 大関豪栄道が幕内玉鷲を寄り切り、初日から14連勝で初優勝を決めた。かど番の優勝は08年夏場所の琴欧洲以来8人目。優勝インタビューで「つらい日々もあったんですが…」と語った通りに、大関昇進後は苦しむことも多かった。

 高校時代に名門の埼玉栄高で活躍し、高校横綱など多くのタイトルを獲得。将来を期待され、境川部屋に「澤井」として入門した。05年初場所で初土俵。同年春場所で序ノ口優勝を果たすなど、三段目、幕下で優勝し、06年九州場所で新十両に。しこ名を「豪栄道」に改めた。

 その後も番付を上げ、三役の常連に。12年夏場所以降は関脇を守り続け、優勝争いにも度々、顔を出すようになった。そして、14年名古屋場所後に大関に昇進。大きな期待を集めた。

 しかし、昇進を決めた場所で負った左膝半月板損傷など、けがが多く大関昇進直後から苦しんだ。2場所目の14年九州場所で5勝10敗と負けがこみかど番に。地位は守り続けたが、15年秋場所、今年の初場所、そして今年の名古屋場所と負け越し、今場所が4度目のかど番だった。大関としての2桁勝利は今場所と今年の春場所の2場所だけ。思うような成績を残せずにいた。

 新入幕の07年秋場所から約9年。幕内在位53場所目での初優勝は史上4位のスロー記録だ。優勝インタビューでは「今日で少し報われました」と目に涙を浮かべていた。

最終更新:9/24(土) 18:58

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。