ここから本文です

クミコ 秦基博とライブ初コラボ 新曲発売記念コンサート

デイリースポーツ 9/24(土) 19:11配信

 歌手のクミコ(61)が24日、都内で新曲「さみしいときは恋歌を歌って/恋に落ちる」の発売記念コンサートを行い、両曲の作詞を担当した元はっぴいえんどの松本隆(67)と「さみしい-」の作曲を担当した秦基博(35)とステージ上でコラボした。

 クミコは2000年9月、松本がプロデュースしたアルバム「AURA」で再デビューしており、新曲は16年ぶりのタッグとなる。

 クミコは松本の作品を中心に構成された第一部で「さみしい-」を生で初披露。クミコとライブ初コラボとなる秦は同曲のバックコーラスを務め、5年ぶりの共演となった松本はクミコからトークで「AURA以来のアルバムをお願いしているみたいなんです」呼びかけられ、松本は「断る訳にはいかないでしょう」と確約した。

最終更新:9/24(土) 19:18

デイリースポーツ