ここから本文です

小峠がGHCジュニア奪取 タッグと合わせ2冠に=ノア

スポーツナビ 9月24日(土)0時5分配信

 プロレスリング・ノア「Shiny Navig.2016」最終戦となる23日の東京・後楽園ホール大会では、小峠篤司がGHCジュニア王者・金丸義信を倒し、GHCジュニアタッグ王座と合わせて2冠王に君臨。これまで石森太二、大原はじめ、熊野準、拳王を倒し、4度の防衛に成功していた最強王者から、至宝を取り戻した。

 金丸は開始早々、場外での鉄柵攻撃、床の上でのDDTを繰り出すと、レフェリーを盾にして攻撃を阻止し、急所蹴り、スイングDDT、ディープインパクト。小峠はこれをしのぐと、トラースキック、キルスイッチからランニングキック3連発。さらに2発目のキルスイッチで3カウントをもぎ取った。

 リング上から「オレがGHCジュニア2冠チャンピオンの小峠だ。まだまだ、オレはとことん上げていく。10.8後楽園での邪道、外道とのタッグタイトル戦もやったるで!」と叫んだ小峠は、原田大輔と共に保持するGHCジュニアタッグ王座防衛戦にも自信。「オレはチャレンジャーを拒否しない。誰の挑戦でも受ける。リマッチでも何でもやってやるぜ」と、金丸との再戦を含め、どんな相手とも戦うと宣言した。

最終更新:9月24日(土)0時5分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]