ここから本文です

広島・新井、仲間に感謝の100打点「広輔、キク、丸が…」

デイリースポーツ 9/24(土) 20:14配信

 「広島5-0ヤクルト」(24日、マツダスタジアム)

 広島の新井貴浩内野手(39)が、6年ぶり4度目となるシーズン100打点の大台を突破した。

 0-0の初回、2死一塁で打席を迎えると、右中間へ鋭い打球を放った。その間に、一走・丸が一気に本塁に生還。今季99打点目となる適時二塁打で先制点を奪った。

 三回は、2死から丸が四球で出塁。カウント2-2からの6球目、小川が真ん中低めに投げた132キロのフォークをすくい上げた。「下半身でしっかり粘ることができました」。体勢を崩されながらも最後は左手一本で、左翼席上段に運んだ。豪快な19号2ランで101打点目を挙げた。

 阪神時代の10年に112打点をマークして以来となる100打点越え。「優勝した中で、100打点というのもまた、格別というかうれしさもあります。広輔(田中)、キク(菊池)、丸がたくさん塁に出て、走ってくれるので100打点を達成することができた」と感謝の言葉を口にした。

最終更新:9/24(土) 22:01

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]