ここから本文です

J1川崎のサポーター処分、大宮バス妨害者5試合入場禁止

デイリースポーツ 9/24(土) 22:18配信

 J1川崎が24日、一部サポーターが17日に大宮とのリーグ戦(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)で起こした違反行為について、5試合入場禁止などの処分を発表した。

 17日の試合後、川崎サポーター10数人が、大宮の選手バスが出庫する際にブーイング、サイレン音、罵声を発した。さらに、その内の1人がバスの前に飛び出して進路を妨害。両クラブの調査によると、棒のようなものも飛び込んできたという。

 これに反発した大宮サポーター1人の言動に対し、川崎サポーター2人が詰め寄り、もみ合い寸前になった。クラブや警備スタッフの制止により、人的被害につながる暴力行為には発展しなかったとしている。

 これを受け、川崎と大宮の両クラブとJリーグはJリーグで定める統一基準に照らし合わせた上、協議の結果、該当する川崎サポーターへの罰則を決定した。

 ▽大宮の選手バス前に飛び出した1人に対して=5試合の入場禁止(9月25日横浜M戦、10月1日神戸戦、22日広島戦、29日鹿島戦、11月3日G大阪戦)

 ▽大宮サポーターに詰め寄った2人に対して=1試合の入場禁止(9月25日横浜M戦)

 ▽その他、特定できた12人に対して=厳重注意

 なお、詳細が判明していない事象については事実確認を継続するとしている。また、川崎は大宮や両クラブのファン・サポーター、Jリーグ関係者に対して「大変ご迷惑をおかけしましたこと、改めて心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 大宮も川崎と同様の発表をした。

最終更新:9/24(土) 22:37

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報