ここから本文です

さんま アンタ山崎に「柴田を許すべき」 そろそろええん違うか

デイリースポーツ 9/24(土) 23:52配信

 お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣が24日、フジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」に出演した。明石家さんまは柴田の相方の山崎弘也がいまだ柴田と共演しないことに疑問を呈し、柴田は「そのお言葉待ってました」と感謝した。

【写真】栄光の時は再び来るのか…2004年M―1ぐらんぷりを制したアンタッチャブル

 この日の放送回には歴代M-1チャンピオンがそろい、さんまは「今日はそろえたみたい。M-1のチャンピオンを。漫才のチャンピオンか」と出演者を見渡した。

 1人で出演している柴田には「R-1のチャンピオンやった?」とピン芸人であるかのようなツッコミが入った。柴田は「M-1だよ!もう、めんどくせえな。いろいろあったじゃん。話したじゃん!」と訴えた。

 さんまは「柴田、前も言ってたけどこの番組に何回か出て、山崎が見てくれてるっていってたよな」と柴田が以前、同番組に出演したことを振り返った。

 柴田は「見てくれてます」と即答。さんまは「お前の最近の活躍ぶりからいくと、そろそろ山崎も許してええん違うか」とコンビでの活動を復活すべきと助言。柴田は「そのお言葉待ってました!そのお言葉待ってました!」と感無量の表情を浮かべた。

 爆笑問題の太田は「ザキヤマ!今からでも来い!」とカメラに叫んだ。

 柴田は5月に同番組に出演した際、6年前に芸能界から一時消えた理由について女性とのトラブルであることを明かした。そのためにコンビとしての活動も中断し、現在に至っている。

最終更新:9/25(日) 8:56

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]