ここから本文です

【べっぴんさん】芳根京子、人生初のウエディングドレス姿を披露

オリコン 9/24(土) 5:00配信

 NHKで10月3日スタートの連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン・すみれの結婚式のシーン写真が公開された。すみれを演じる女優の芳根京子にとって人生初のウエディングドレス。「衣装合わせで何着かご用意いただいた中から選びました。今どきのドレスは肩が出ているのが主流だけど、いま着ても、ものすごくかわいい!」と本人のお気に入りだ。

確かにドレス丈が少し短め 全身がわかる引きの写真

 同ドラマは、戦中戦後の神戸を舞台に、ヒロインのすみれが3人の仲間たちと子ども服の会社を立ち上げ、奮闘する姿を描く。すみれは、繊維会社「坂東営業部」を一代で築いた父・五十八(生瀬勝久)と母・はな(菅野美穂)の次女として生まれ、裕福な環境で育つ。

 幼なじみの田中紀夫(永山絢斗)との結婚式では、幼いころに亡くなった母から受け継いだ大切なドレスを着用するという物語があり、「すごく清そ。お母さんが着たものというのがまたいいですよね」と芳根。ドレス丈が短めな点も重要なポイントで、「実はオーダーメイドの靴をちゃんと見せるため。この靴の意味は…ぜひ放送で!」と呼びかけている。

 結婚式に参列した友人・良子役の百田夏菜子も「めっちゃきれいでした!」とうっとり。うらやましさのあまり(?)、「結婚前の女性がウエディングドレスを着ると…なんて古い迷信がありますけど、私はきょんちゃん(芳根)と顔を合わせるたびに『婚期おくれるね~』って冗談言ってからかってました」と話していた。

最終更新:9/24(土) 5:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]