ここから本文です

松岡昌宏、家政夫ドラマ“ほぼ全編”に女装で登場「おふくろにそっくり」

オリコン 9/24(土) 5:00配信

 人気グループ・TOKIOの松岡昌宏が、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(10月21日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)で“女装”に挑戦することが明らかになった。それもほぼ全編、女性として三田園薫を演じる。劇中では「思わず凝視してしまうほど大きな女」と表現される三田園。誰もが二度見してしまう、ひと目では松岡とわからない衝撃的なビジュアルで話題をさらいそうだ。

清水富美加、余貴美子ら共演者も発表

 見た目は(大きな)女、中身は(家事スキルはプロ級の)男。その名は家政夫のミタゾノ…。松岡扮する家政夫・三田園薫は、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”をかき出して崩壊から再生へと導くダークヒーローでもある。

 松岡がテレビドラマで女装をするのは今回が初。これまでバラエティー番組の企画などで女装をしたことはあるが、松岡は「ビューラーが難しい」「乳バンド(ブラジャー)を付けていると肩が凝る」と、あらためて女装姿で長時間過ごすことに苦労しながら撮影を進めている。

 「メイクを終えて鏡を見たら、そこにおふくろがいた(笑)」と自身の女装姿について話す松岡。「女優さんは大変だなっていうのがわかっていい経験です。『このドラマでは僕の直しの時間、いっぱい取ってください!』って思います(笑)」とスタッフへの要望も口にしていた。

 新たに出演者も発表された。三田園とともに依頼主のもとへ派遣される家政婦仲間の花田えみり役に女優の清水富美加。三田園たちが所属する家政婦紹介所の所長・結頼子(むすび・よりこ)役に余貴美子。ほかに柴本幸、堀田茜、平田敦子といった個性豊かな女優陣が家政婦紹介所の派遣家政婦役として登場する。毎回このメンバーが家政婦紹介所に集まり、依頼主の家庭の秘密を暴露し合う“女子トーク”シーンもこのドラマの見どころのひとつとなる。

 なお、主題歌はTOKIOが担当。長瀬智也が作詞・作曲を手がける楽曲「愛!wanna be with you…」でドラマを盛り上げる。

最終更新:9/24(土) 14:36

オリコン