ここから本文です

白石隼也、鈴木亮平直伝の役づくりで8キロ増量 過酷撮影で3キロ痩せる

オリコン 9/24(土) 16:12配信

 俳優の白石隼也と鈴木亮平がダブル主演する漫画原作のテレビドラマ『彼岸島 Love is over』(全4話)がMBS・TBSほかで放送開始された。原作でも人気の高いエピソードである弟・明(白石)と兄・篤(鈴木)の対決を描く映画『彼岸島 デラックス』(10月15日公開)に続くストーリー。本作のために、白石は肉体改造に挑み、8キロ増量して撮影に入ったという。役づくりのために減量増量を繰り返す鈴木というお手本がいて、「兄貴に負けないように、と頑張ることができた。亮平さんに感謝しています」と話した。

テレビドラマ『彼岸島Love is over』場面写真

 『ヤングマガジン』(講談社)で2002年より連載されている松本光司氏の同名漫画が原作。2010年に韓国人のキム・テギュン監督によって映画化された後、2013年に白石と鈴木を主演に迎え、三池崇史監督が総監修するドラマを制作・放送された。今年、白石や鈴木らメインキャストの続投によるテレビドラマの新シリーズと映画がお目見え。

 日本のどこかにある絶海の孤島、彼岸島。そこではウィルスに感染した人間たちが吸血鬼と化し、人をさらってはその生き血を吸って横暴の限りを尽くしていた。この彼岸島で行方不明になった兄を捜しに来た主人公は、吸血鬼の勢力を倒すワクチンの存在を聞きつけ、果敢に敵の中に乗り込んでいく。しかし、捜し求めていた兄の篤は吸血鬼に感染され、彼岸島を支配するマスターヴァンパイア、雅(栗原類)の手下となっていた…。

 ドラマでは、島にはびこる吸血鬼や邪鬼(おに)と呼ばれる巨大モンスターたちと激しい戦闘を繰り広げながら、島を救う唯一の手がかりとなるワクチンを探そうとする明とその仲間、そして師匠(石橋蓮司)が率いる村のレジスタンスたちの濃密なサバイバルが描かれる。

 アクションシーンが満載の台本を受け取り、白石は「より原作に忠実で邪鬼もいっぱい出て来る。これは撮影が楽しみだな、というのと、全体の8割くらい出番があるので役づくりというより、体づくりをして備え」ようと決意。「亮平さんにすすめられたとおりにプロテインを飲んで、たくさん食べて、ジムでトレーニングして。結果的に8キロ太りました。撮影現場で亮平さんと会ったときに、『一回り大きくなったな』と言ってもらえたのでよかったです」。

 一方、鈴木は「山形で撮影をして、僕は東京と行ったり来たりしていたんですが、白石くんはずっと山形に泊まり込んで撮影していて、会うたびにたくましくなっていました。アクションのキレもよかったし、すごく集中していた。ここまで頑張っているんだから、僕もできる限りのことをしなければと、刺激を受けていました」。

 鈴木にほめられた白石だったが、照れ笑いをかみ殺すように「8キロ増やしたんですけど、3ヶ月半の撮影が終わった頃には3キロ痩せていました」と明かし、「撮影は、過酷でした」と振り返った。

 生身のアクションに、最新のCG技術で再現したモンスターを送り込み、かつてないスケールのドラマ・映画になった『彼岸島』。鈴木は「いろんなことがデラックスになって帰ってきました。『こんなドラマ、観たことがない』と思わせるほど、過剰になることを恐れずに原作の世界観を実写化できていると思います。これは普通のホラーじゃない、その入り口を観てもらいたい」とアピール。

 白石は「今回はトロッコに乗ったり、次々と巨大で異様な化け物がでてきたり、『インディー・ジョーンズ』みたいなアドベンチャー映画のアトラクションを楽しんでいるような感じを楽しんでもらえると思う」と見どころを語っていた。

■放送情報
MBS 9月18日スタート 毎週日曜 深0:50
TBS 9月20日スタート 毎週火曜 深1:28
CBC 9月26日スタート 毎週月曜 深2:08~
RKB 10月11日スタート 毎週火曜 深1:25~
IBC 9月29日スタート 毎週木曜 深1:28~
TUY 9月28日スタート 毎週水曜 深2:05~
RKK 9月28日スタート 毎週水曜 深0:55~
BS11 10月17日~20日 4夜連続、深2:30~
※放送時間は変更になる可能性があり、番組表などで要確認。

最終更新:9/26(月) 10:35

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]