ここから本文です

【NBA】K.ガーネットが現役引退を表明 21年のキャリアに幕

ISM 9/24(土) 17:41配信

 ミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ガーネットが現地23日、インスタグラムにビデオメッセージを投稿し、21年のキャリアに終止符を打つことを表明した。

 ガーネットは「さようなら」、「この旅をありがとう」とのメッセージを伝える動画を投稿。モノトーンの映像では、本拠地ターゲットセンターをサングラス姿で一人歩くガーネットが映し出され、「ただただ感謝の気持ちでいっぱい。この気持ちを言葉で言い表すことはできない。みんなとみんなの愛にありがとうを言いたい。自分がこんなに愛してもらえるとは思わなかった」とのファンに向けた短いコメントが語られた。

 ガーネットはこの日、ウルブズに現役を引退することを伝えた。チームからウェイブ(契約解除)され、2016-17シーズンの年俸800万ドル(約8億1,000万円)の全てを受け取る見込みとなっている。

 ウルブズのオーナー、グレン・テイラー氏は、「ケビンとともに歩み、長年彼の成長を見守れたことを誇りに思う。彼の今後の成功を願うとともに、ファンとともに彼がくれた素晴らしい思い出に感謝している」と述べた。

 ガーネットは、20年ぶりの高卒選手として1995年にウルブズに入団。そのあとに続いたコービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、トレイシー・マグレディら若い才能がNBA入りするための道を開いた。

 キャリア21年でオールスターに15回選出されているほか、2003-04シーズンにレギュラーシーズンMVPに輝いた。また、2008年にはボストン・セルティックスでNBAファイナル制覇を果たしている。史上最高のディフェンダーの一人であり、NBAに最も影響を与えた情熱的なプレーヤーの一人でもあったガーネットは、通算ディフェスリバウンド数でNBA歴代1位、通算プレー時間は歴代3位、通算試合数は歴代5位の記録を残し、リーグを去る。(STATS-AP)

最終更新:9/24(土) 17:41

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]