ここから本文です

鎧塚俊彦氏、妻・川島なお美さん一周忌を終え感謝「女房は喜んでくれていたと思います」

オリコン 9/24(土) 19:05配信

 昨年9月24日に胆管がんのために亡くなった女優・川島なお美さん(享年54)の夫でパティシエの鎧塚俊彦氏が24日、自身のフェイスブックを更新。「一周忌法要」ならびに「川島(鎧塚)なお美慰愛碑除幕式」が無事、執り行われたことを報告し、感謝の言葉をつづった。

【写真】なお美さんと鎧塚氏、仲睦まじい2ショット

 鎧塚氏は「一周忌&慰愛碑除幕式つつがなく終了致しました。皆様ありがとうございます。降りしきる雨の中、たくさんの方々に来て頂き女房は喜んでくれていたと思います」と感謝し「慰愛碑に刻んだ女房直筆の遺言です」と写真とともに(以下)紹介した。

 「私は蝶となり咲き乱れる花から花へと舞い 毎年咲く桜となりお客様に花吹雪を散らし たわわに実る果実となってあなたの作る作品として美味しく皿の上にのります 美しくいきいきとしたガーデンファームは私の夢です どうかその夢を叶えて下さい 今までありがとう なお美より」。

 また、この日、なお美さんのブログもマネージャーにより更新され、「本日、なお美さんの一周忌法要が麻布の賢崇寺にて執り行われました。なお美さんの大好きな方々がまたたくさん集まってくれましたよ」と報告。

 その後、神奈川県小田原の『一夜城ヨロイヅカファーム』へ移動し「なお美さんの走り書きで遺された遺言を鎧塚さんがきちんと形にしました」の言葉とともに『川島(鎧塚)なお美慰愛碑除幕式』の様子を写真ととも伝えている。

最終更新:9/26(月) 10:29

オリコン