ここから本文です

惜しまれながら解散したLycaonが約1年の時を経てInitial'Lとして始動

BARKS 9/24(土) 0:04配信

ラストフルアルバム『Camera Obscura』がオリコンインディーズアルバムチャートの1位を獲得、ヴィジュアルシーンを席巻し、2015年11月の赤坂BLITZワンマンを最後に惜しまれながら解散したバンドLycaonが、約1年の時を経てInitial'L(イニシャルエル)として始動することが明らかになった。

最近では、ヴォーカルの悠希の意味深なTwitterのつぶやき“気が付けばもう秋ですね。来週9月24日の0時に告知事があります。お見逃しのない様に。”が噂となったが、Initial'Lのコンセプトは“ヴィジュアルバンドLycaonがロックバンド、Initial'Lとして生まれ変わる”。

メンバーは悠希(Vo)、サトシ(G)、ZERO(G:以前は零名義)、緋遊(B)、一朗(Dr)の不動の5人だ。“EROS”というテーマを継承しながらも作品ごとに新たなサウンドコンセプトを打ち出し、進化し続けてきたLycaon。当時、解散理由について“不仲が原因ではない”、“今の自分たちに自信があるからこその結論”と多くを語らなかっただけに、今回の復活劇は5人の絆が揺るがなかったことを物語っているとも言えるだろう。

Initial'Lは11月30日に始動第一弾となるデビューシングル「MOON LIGHT DOWN」をRockLife Recordsからリリースすることになっており、カップリング違いの3Typeが同時発売となる。

そして、かつてのLycaonがInitial'Lとしてどう生まれ変わったのかをその目で確かめられるのが、11月6日に六本木ニコファーレにて開催されるファーストライヴだ。このプレミアムライヴはニコニコ公式生放送で完全生中継され、Initial'Lの新ヴィジュアルや新たな楽曲など、全ての謎が始動ライヴで解き明かされることとなる。

なお、10月1日から該当ショップにて3タイプ同時内金予約すると、ニコファーレで開催される限定250名完全招待制ライヴに応募することが可能。プレミアムチケットになることは間違いないので、3タイプを同時予約してゲットしてほしい。

「MOON LIGHT DOWN」とニコファーレでのライブの詳細はオフィシャルHPまで(http://initial-l.jp/)。

約1年の眠りから覚めてLycaonからInitial'Lへと蘇った5人の新たなストーリーが幕を開けようとしている。

リリース情報
「MOON LIGHT DOWN」
11/30リリース
カップリング曲違いの3タイプにて全国CDショップで発売
発売元:RockLife Records

ライブ・イベント情報
<「Initial'L」ライブ>
11/6 六本木ニコファーレ
(ニコニコ公式生放送にて完全中継)
10/1より該当ショップにて1stデビューシングル「MOON LIGHT DOWN」カップリング違いの3タイプを全て同時予約したユーザーは「応募可能」
抽選で250名ご招待
※該当ショップ以外での予約は対象外。該当ショップなど詳細はオフィシャルサイト(http://initial-l.jp/)でご確認下さい。

最終更新:9/24(土) 0:04

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]