ここから本文です

ドラッグの悪魔に取り憑かれコントロールを失った天才ラッパー BESが話す、過去、現在、そして未来

AbemaTIMES 9/24(土) 12:00配信

くだらないと思われても、全部“塀の中”で韻を踏んでやろうと思って。

職業柄これまでに数多くのラッパーたちの曲を聴いてきたが、天才と呼べる人間は、ほんの一握りだ。2000年代中盤にSEEDAと共にSCARSのエースとしてシーンの勢力図を塗り替えたBESは紛れもなくその言葉が相応しい数少ない表現者だった。
しかし、天才というのは時として、運命そして自らに翻弄される。ドラッグの悪魔に取り憑かれコントロールを失ったこの男は、一度ならず二度目の逮捕で長い時間を塀の中で過ごすことになった。

それから2年以上の時が経った2016年。 春の訪れと共に釈放されたBESは、これまでの既発曲とエクスクルーシブを織り交ぜた、名刺代わりとも受け取れるミックス『BES ILL LOUNGE 2』を持って再びシーンに戻ってきた。しかし、塀の中にいる間に名前すら知らない人もいるほど、シーンの状況は一変した。その中で果たしてBESは、Re:Re:Rebuildできるのだろうか? インタビューは苦手だと言うBES本人が話す、過去、現在、そして未来。
――4月に出所して約5ヶ月経ちましたが調子はどうですか?

BES:まあ、後遺症とかいろいろあってダメな時もあるんですけど。

――最近はかなりのペースでRECをしているという話を聞きましたよ。

BES:そうですね。(出てから)1ヶ月ぐらい経った頃に漢君から連絡があって、「何やってんの? スタジオ来いよ。RECするぞ」ってゴリ押し電話があって。それでその日は徹夜でした(笑)。

――それまではRECしていなかったんですね。

BES:初めてのRECが鎖でしたね。

――その時の音源は世には出るんですか?

BES:いや、最悪です。何時間もブースにこもってたんですけど、全然ダメでしたね。

――刑務所の中でラップはしていたんですか? そもそも、できる環境ではなかったとか。

BES:やってる人はいるんすよ。元●●●で運動場とかでみんなの前でノリノリでラップしている人もいれば、工場でラップしてる奴ら同士でフリースタイルやって、みんなに教えるとかって。でも、俺はそういう場所にめぐまれなくて。

――ちなみにBESさんがラッパーだってことは周りに知られていたんですか?

BES:本当はラップしてるのを隠したかったんですけど、ペルー人が「カスタムローライディング」に自分が載ってるのを見つけてきたんで、もう「俺だよ俺」って。

――中ではリリックを書き溜めていたんですか?

BES:ノートに20ページくらい書きましたね。今回のミックスCDの中にも塀の中で書いた曲が入ってます。

――「Jail」ですよね。

BES:そうですね。くだらないと思われても、全部“塀の中”で韻を踏んでやろうと思って。

――やはり中は相当ヘビーでしたか?

BES:もう大乱闘ですね、リンチとかも普通にあったし。

――そんな状況なんですか。

BES:再犯になるとそんな感じです。A-THUGも「BES君、再犯は緩いよー」って言ってたんすけど、それがちょっとわかったっす。
でも人間関係が超めんどくさいです。現役の人同士が争っちゃったり。13回目とかのおじいちゃんもいて、「もうやめときなよ」って言った時に顔をよく見たら、片目が義眼だったり…。電車でスリやって見つかってボコられて片目潰されたって。

――うわあ。

BES:「俺はもう自転車を盗んで刑務所は来ねえって」って言って、5 、6回繰り返してるんすよ(笑)。

――1回目に入ったのって「Rebuild」を出して、すぐぐらいだと思うんですけど。

BES:「Rebuild」出して全国を回ってある程度して、頭おかしくなって変なことが始まり2009年に拘束されて2011年に出てきまして、2014年6月15日にパクられてから2016年の4月15日までずっと拘束されてました。

――はっきりと日にちを覚えてるんですね。

BES:頑張ろうって思う日もあるけど、出れないからもう諦めちゃおうって思ったりする日もあるんですよ。

――2年以上って長いですもんね。

BES:でも17年の人とかもいますからね。その人の前でそういうこと言うと怒られたりするんですよ。

――さっき調子があまりよくない時があるって言われてましたが、5ヶ月経って改善はしてきてるんですか?

BES:波ですね。精神安定剤を飲んで、1ヶ月に一回精神科に検診してもらってます。

――じゃないと調子悪くなってしまうんですか?

BES:そうですね。今回入る前は本当ひどくて…。金が入ると全部にあれになっちゃったりして。

――普通の人に比べてラッパーは音源を出したらガバッとお金が入ってくるから、そういったものに陥りやすいのもありますよね。

BES:言えないですけど。いろいろありました。

――今回のミックスには、逮捕前にRECされ出所直前にリリースされた『Untitled』に入ってる曲が多く収録されていますが、ネタと金にまつわるトラブルで追い詰められる状況がそのままに描かれてますよね。

BES:あれは氷山の一角っすね。ここじゃ言えない聞いたら嘘でしょみたいな話はいっぱいあります。ハスリングとかいろいろやりました。最低なこともしました。でもやっぱ普通に働いていた方が楽だったのかなって思ったり…嘘ですね。それで得たモノがでかいから、やっぱ働いた方がいいのかなって思うことができるようになったって感じですね。

――それでも生活の中心には今もラップがあるんですね。

BES:そうですね。それでいろんなもの失くしたのもあるけど、いろいろ見えてきたものもあるというか。音楽しかないと思ってるんで。それと中にいる時、何人かとやり取りしてたんすけど、お金を入れてくれたりとか、すげー優しくしてくれて。自分ひとりでは何もできないってことを感じましたね。

1/3ページ

最終更新:9/24(土) 12:00

AbemaTIMES