ここから本文です

中日吉見、引退発表の雄太&岩田へブログで思い綴る「練習で手を抜かない」

Full-Count 9/24(土) 7:10配信

両投手への声援呼びかける

 中日の吉見一起投手が23日、同日に引退を発表した雄太、岩田慎司両投手に対する思いを自身のブログに綴った。

 2投手はこの日、ナゴヤドームで引退会見を実施。2004年のドラフト4位で入団した雄太はここまで通算28勝31敗1ホールド、防御率3.44、2008年のドラフト5位で入団した岩田は通算9勝15敗1ホールド、防御率3.73の成績を収めた。

 吉見はブログで24日の阪神戦で登板することを報告しつつ、両投手との思い出を回顧。雄太については「僕と似たようなタイプ。打たせてる投手です」と評し、「キャッチボールをスゴく大切にする1人でもあります。ほとんど胸にくる。先輩の独特の曲がり球。マッスラ。強烈な武器。ゲームをしっかり作る投手だなって思ってました。練習で手を抜かない。物を大事にする。大切なことです。そんな風に僕は見ていました」と綴った。

 一方、岩田については「皆さんもご存知の通り、マジカルフォークを投げます。アレは誰もマネをできません」とし、「練習に取り組む姿勢は川井さん(雄太)同様手を抜きません。岩田は後輩の中で一番しっかりしていました。人間性はピカイチです。一緒に自主トレをした仲として凄く寂しいですね」と胸中を明かしている。

 また吉見は最後にファンに向けて、登板を残す両投手への声援を呼びかけていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/24(土) 7:10

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]