ここから本文です

農薬の98%は作物にくっつかない、ただの環境汚染。そこでMITは考えた。

ギズモード・ジャパン 9/24(土) 12:11配信

植物が水をはじかなければいいんだ。

畑で使われる農薬は、実は98%は作物にくっつかず、ただ地下水や川を汚染するだけなのです。それはいろいろとムダであり、環境汚染でもあります。そこでマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、農薬を作物にしっかりくっつける方法を編み出しました。それも、高価で扱いにくい道具とか材料を使うんではなく、ちゃんとコストも抑えられて導入しやすいように考えられた方法です。

植物にはそもそも水をはね返す性質があります。だから液体の農薬を吹き付けても2%しかくっつかないので、その2%でしっかり消毒とか殺虫とかの効果が出るように、大量の農薬をまく必要が出てきます。そこでMITのチームは、液体がちゃんと植物にとどまる方法を考えだしたんです。

動画はこちら:https://youtu.be/NStQ_MasrGs

新たな手法では、散布する農薬に二つの高分子添加物を加えます。そこがポイントで、一つはプラスの電荷を帯び、もう一つはマイナスの電荷を帯びていることです。反対の電荷を帯びた液体の粒同士が植物の表面で合わさると、それは水を引きつける性質を持つ膜を作ります。その膜は植物にくっつくとともに、周りの水滴もそこに取り込まれるんです。これによって、農薬使用量は従来の10分の1で済むと試算されています。

でもこういう研究ってなんだかんだ高コストだったりするんでは? と想像してしまうのですが、ここで使われる添加物は製造コストも低く、さらに生分解できて環境負荷も低いそうです。それに農薬散布機器の対応もわずかな変更で済みます。そしてもちろん農薬が減らせるってことは、農家の利益は増加、環境への負担は激減と良いことずくめです。あまりに良い話すぎて、農薬会社とかに邪魔されないか心配になるレベルです。

source: MIT News

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]

(福田ミホ)

最終更新:9/24(土) 12:11

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]