ここから本文です

安倍首相、キューバに核なき世界への協力要請 2日間の訪問終了

AFPBB News 9/24(土) 8:11配信

(c)AFPBB News

【9月24日 AFP】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は23日、2日間のキューバ訪問を終えた。首相は同国訪問中、北朝鮮の核実験を通じた挑発行為を非難するとともに、北朝鮮の同盟国であるキューバに対し、核兵器のない世界を実現するための協力を要請した。

 日本の現職首相として初めてキューバを訪問した安倍首相は、同国のフィデル・カストロ(Fidel Castro)前国家評議会議長と、弟のラウル・カストロ(Raul Castro)現国家評議会議長とそれぞれ会談し、核問題について協議した。

 安倍首相は23日の記者会見で、世界唯一の被爆国である日本は、核なき世界を実現するための努力を今後も続けていくと表明。そのためには、キューバを含む国際社会からの協力が必要だと述べた。

 前日の22日に行われたラウル・カストロ議長との会談では、北朝鮮による核実験を非難。外務省によると、安倍首相はカストロ議長に対し、北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射などの挑発行為を続けており、東アジア地域と日本に「従来と異なるレベルの脅威」を与えていると伝えた。

 安倍首相はまた、第2次世界大戦(World War II)で米軍が原爆を投下した広島と長崎にカストロ議長を招待。外務省によると、カストロ議長はこれに対し、2018年の議長退任前の両市訪問を強く希望する意向を示したという。(c)AFPBB News

最終更新:9/24(土) 8:11

AFPBB News

なぜ今? 首相主導の働き方改革