ここから本文です

バイエルンにポグバは必要なかったか アンチェロッティ「我々の中盤には良い選手がいる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/24(土) 13:40配信

自チームの陣容に自信

移籍金の高さから本気で狙えるクラブはそれほど多くなかったかもしれないが、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバは市場の目玉と呼べる選手だった。将来はバロンドールをも狙える素材と言われており、マンUで今後どこまで成長するか期待されている。

ポグバほどのポテンシャルを持つ選手ならあらゆるクラブが興味を持つところだが、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティはポグバをそれほど重要視していなかったようだ。仏『L'Eqipe』によると、アンチェロッティはバイエルンにはすでに優秀なMFが揃っていると主張。ポグバの獲得は不可能であり、それほど必要としていなかったとコメントした。

「ポグバは優れた選手だが、私は彼を見ていなかったよ。我々の中盤には良い選手がいる。シャビ・アロンソ、アルトゥーロ・ビダル、ジョシュア・キミッヒ、さらにはチアゴ・アルカンタラ、レナト・サンチェスといった巨大なポテンシャルを持つ若い選手もいるからね」

バイエルンでもポグバならスタメンになれたはずだが、確かに良い選手は揃っている。ポグバに固執することはなかっただろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/24(土) 13:40

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]