ここから本文です

「マイナス金利現状維持で株価上昇」のカラクリ 経済評論家が解説

AbemaTIMES 9/24(土) 12:11配信

(C)AbemaTV

23日の日経平均株価は一時1万6800円を超えた。ドル円は100円すれすれまで円高が進んだものの、101円前後。

今週のマーケットは日銀が政策決定会合の結果「マイナス金利は現状維持」という決定をしたことと「米FOMCの利上げがなかったこと」で大きく変動し、円高ドル安が進んだ。

一方株価は、日銀がマイナス金利を現状維持したということで上昇した。マイナス金利を現状維持したことが、株価全体の上昇につながった。

経済評論家川口一晃氏によると来週は、日経平均株価1万6750円+500円、マイナス750円、ドル円は101円プラスマイナス3円の間で変動するという予想だ。

最終更新:9/24(土) 12:11

AbemaTIMES

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。