ここから本文です

AAA、11周年記念小説「あのとき―」重版決定 小説で描くAAA活動の裏側

MusicVoice 9/24(土) 10:08配信

 男女7人組パフォーマンスグループ、AAA(トリプル・エー)のデビュー11周年記念小説『あのとき、僕らの歌声は。』(幻冬舎、9月14日発売)の重版が決定した。Amazonの文芸書売り上げランキングでは、これまで5週連続1位だった、村田沙耶香さん芥川賞受賞作『コンビニ人間』を抜き、初登場1位を獲得していた。

 同書は、今まであまり語られることのなかったAAAの活動の裏側を「小説」という内容で描いたもの。デビュー前から現在に至るまで、数多の挫折や痛みを乗り越えてきた7人が初めて明かすエピソードが織り込まれている。

 希望と絆が描かれた七篇の物語で、<Chapter1>ミカンセイ<Chapter2>虹<Chapter3>アシタノヒカリ、<Chapter4> 逢いたい理由<Chapter5>出逢いのチカラ<Chapter6>ダイジナコト<Chapter7>Love――、と「Chapter」ごとで構成されている。

最終更新:9/24(土) 10:08

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]