ここから本文です

ウォズニアキ 昨年Vラドワンスカに逆転勝ちで2年ぶり決勝進出<女子テニス>

tennis365.net 9/24(土) 15:01配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は24日、シングルス準決勝が行われ、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)が昨年覇者で第2シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)を4-6, 7-5, 6-4の逆転で破り、大会2年ぶり3度目の決勝進出を果たした。

【大坂なおみvsスイトリナ 1ポイント速報】

この試合、両者サービスキープが続く中第7ゲームで先にブレークに成功したウォズニアキだったが、続く第8ゲームでラドワンスカにブレークバックを許すと徐々に流れがラドワンスカに傾き始め、このセットを落とす。

しかし、続く第2セットで接戦を制して取り返すと、ファイナルセットでは3度のブレークに成功し、勝利を手にした。

決勝では、18歳の大坂なおみ(日本)と世界ランク20位のE・スイトリナ(ウクライナ)の勝者と対戦する。

ウォズニアキは今大会、1回戦で昨年準優勝のB・ベンチッチ(スイス)、2回戦で第3シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)、準々決勝で予選勝者のM・リネッタ(ポーランド)を下し、準決勝へ駒を進めた。

過去の同大会では、2010年に優勝を飾っている。

一方、敗れたラドワンスカは今大会初戦となる2回戦でB・ストリツォワ(チェコ共和国)、準々決勝でリオデジャネイロ・オリンピック金メダリストのM・プイグ(プエルトリコ)を下しての勝ち上がりだった。

tennis365.net

最終更新:9/24(土) 15:08

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています