ここから本文です

鹿島に3人目の“小さな巨人”が誕生!? 総体で優秀選手に輝いた瀬戸内高FWが加入内定

theWORLD(ザ・ワールド) 9/24(土) 16:35配信

「キープ力と得点感覚を持ち合わせた攻撃的選手」

鹿島アントラーズは23日、広島県瀬戸内高等学校のFW安部裕葵が2017年シーズンより加入することを発表した。

現在17歳の安部は中学時代、S.T.FCでプレイしており、瀬戸内高等学校に進学。171cm、62kgと小柄ながら得点力やキープ力にも定評があり、2016年度の全国高校総体では優秀選手に輝いた。また、クラブも同選手の特徴について「基礎的な技術の水準が高く、キープ力と得点感覚を持ち合わせた攻撃的選手」と説明している。

鹿島の攻撃陣なポジションには168cmのMF遠藤康や162cmのMF杉本太郎といった小柄な選手が在籍しているが、遠藤は主力選手として1stステージ優勝に貢献、杉本も2ndステージでJ1リーグ初ゴールを記録するなど、印象的なパフォーマンスを披露している。来季より鹿島に加入することが決まった安部もJリーグの舞台で輝きを放ち、3人目の“小さな巨人”となることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/24(土) 16:41

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報