ここから本文です

シリア北部アレッポ、政府・ロシア軍の空爆激化 市民45人死亡

AFPBB News 9/24(土) 9:55配信

(c)AFPBB News

【9月24日 AFP】シリア北部アレッポ(Aleppo)では23日、反体制派が掌握する東部地区が政府軍とロシア軍による大規模な空爆を受け、広範囲に大きな被害が出ている。在英の「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、子どもたちを含む民間人45人が死亡、数十人が負傷したと発表した。

 政府軍は22日に東部の奪還作戦の開始を発表し、地上部隊派遣の準備を進めている。アレッポ東部では、集中的な砲撃やヘリコプターからの「たる爆弾」投下など空爆が激化する中、推定25万人の市民が政府軍の包囲下で孤立している。

 反体制派支配地域で取材中のAFP特派員によると、22日夜から23日朝にかけて激しい爆撃と砲撃が続き、数棟からなるアパート群が壊滅。民間防衛隊「ホワイト・ヘルメット(White Helmets)」が救助活動に当たっているが、人手が足りていないという。

 市内アルカラッセ(Al-Kalasseh)地区では1発の爆撃で建物3棟が倒壊し、救急隊が素手とブルドーザー1台で生存者の捜索を急いでいる。

 国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」のシリアでの活動責任者、カルロス・フランシスコ(Carlos Francisco)氏は「多くの地区で、負傷者や病人が行き場を全く失い、死を待つのみとなっている」と述べた。(c)AFPBB News

最終更新:9/24(土) 9:55

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]