ここから本文です

【速報】大坂なおみ 逆転勝ちで初の決勝進出、クルム伊達以来21年ぶりV王手<女子テニス>

tennis365.net 9/24(土) 17:06配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は24日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク66位で18歳の大坂なおみ(日本)が同20位のE・スイトリナ(ウクライナ)を1-6, 6-3, 6-2の逆転で下してツアー初の決勝進出を果たし、日本勢で1995年のクルム伊達公子(日本)以来21年ぶりの優勝に王手をかけた。

【大坂なおみ セリーナ抜き1位】

この試合、大坂はミスを重ねて第1セットを落とし、第2セットに入っても試合の流れはスイトリナに傾きかける。しかし、第6・第7ゲームを連取して勢いを取り戻し、セットカウント1-1に追いつく。

ファイナルセットでは第5ゲームでブレークに成功した大坂がリードを守り、勝利を手にした。

決勝戦では、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)と対戦する。ウォズニアキは準決勝で、第2シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)を4-6, 7-5, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。

大坂は今大会1回戦で土居美咲(日本)、2回戦で第6シードのD・チブルコワ(スロバキア)、準々決勝でA・サスノビッチ(ベラルーシ)を破り、準決勝へ駒を進めていた。

また、今年のグランドスラムでは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)の3大会で3回戦へ進出する活躍を見せた。

一方、敗れたスイトリナは今大会、1回戦でC・バンデウェイ(アメリカ)、2回戦で第8シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)、準々決勝で第1シードのG・ムグルサ(スペイン)を下しての勝ち上がりだった。

tennis365.net

最終更新:9/24(土) 19:29

tennis365.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革