ここから本文です

キユーピー、マヨネーズ研究から生まれた除菌スプレーの威力

ニュースイッチ 9/24(土) 13:17配信

噴霧して5秒後にウイルスや細菌を99・9%除去

 キユーピーはマヨネーズの原料である鶏卵に関する機能性成分の研究成果を活用して、アルコール除菌スプレー「ケイ ブランシュ」を開発した。卵由来の抗ウイルス成分であるノロクリアプロテインを配合したキッチン用。噴霧して5秒後にウイルスや細菌を99・9%除去できるという。自社のインターネット通信販売サイト「キユーピーアヲハタネットショップ」などネット限定で10月12日に発売する。

 ケイ ブランシュの内容量は200ミリリットルで、消費税込みの価格は1200円。秋から冬にかけて空気の乾燥に伴い、ウイルス性胃腸炎や食中毒感染者が増加する傾向がある。キユーピーは同除菌スプレーを、こうした感染の防止対策として拡販する。

 同社は鶏卵の機能性成分研究を30年以上にわたり行い、2014年にノロウイルスの働きを失わせ不活化する卵由来成分の開発に成功している。キッチンまわりの除菌では対象物が食品に直接触れるため、安全素材の除菌剤が求められる。ケイ ブランシュは食品由来成分でつくられているため、食品や食器に直接吹きかけて使用でき、拭き取りも不要。幼児や受験生を持つ母親層などを主なターゲットに売り込む。

最終更新:9/24(土) 13:17

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。