ここから本文です

アロアバレーナがラーションを倒して準決勝へ [ソウル/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/24(土) 15:00配信

 韓国・ソウルで開催されている 「韓国オープン」(WTAインターナショナル/9月19~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、ララ・アロアバレーナ(スペイン)が第2シードのヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を6-4 6-0で下してベスト4に進出した。

大前綾希子がプリプーチとのダブルスで決勝進出 [韓国オープン]

 アロアバレーナは手にした8本のブレークポイントのうち6本をものにした。彼女の次の相手は、パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)だ。ティーグはサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を7-6(2) 2-6 6-3で下して勝ち上がった。

 第3シードのジャン・シューアイ(中国)はカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2 6-4で下して準決勝に進んだ。ジョルジはこの試合で8本のダブルフォールトをおかしている。

 2つ目のWTAタイトルを目指すジャンは、勝ち残っている選手の中でもっともランキングの高いシード選手だ。第1シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)は前日に、ヤナ・セペロバ(スロバキア)に敗れた。

 しかし、そのセペロバはこの日、第5シードのモニカ・ニクレスク(ルーマニア)に4-6 2-6で敗れた。よって、もうひとつの準決勝はジャン対ニクレスクになった。現ランキングはジャンの40位に対し、ニクレスクが55位。ふたりは過去に一度も対戦したことがない。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: SHENZHEN, CHINA - JANUARY 04: Lara Arruabarrena of Spain returns a shot during the match against Irina-Camelia Begu of Romania during Day 2 of 2016 WTA Shenzhen Open at Longgang Sports Center on January 4, 2016 in Shenzhen, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

最終更新:9/24(土) 15:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています