ここから本文です

大坂なおみ 元女王ウォズニアキとの決勝戦「深く考えてない」 <女子テニス>

tennis365.net 9/24(土) 19:47配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は24日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク20位のE・スイトリナ(ウクライナ)を1-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、日本勢で1995年のクルム伊達公子(日本)以来21年ぶりの優勝に王手をかけた大坂なおみ(日本)が、試合後の会見で「今日はとても良い試合になったと思う。」と振り返った。

【大坂なおみら東レPPO対戦表】

この日、「集中力が完全ではなかった。」と話したように大きな差をつけられて第1セットを落とした大坂だったが「ボールをコート上に打ちなさい、もっと我慢強くいきなさいとアドバイスを貰った。」と試合中のコーチとの会話を語り、第2セットから徐々に調子を上げていった。

ファイナルセットでは、ファーストサービスが入った時に85パーセントの確率でポイントを獲得し、スイトリナに1度もブレークチャンスを与えない試合を展開。1時間46分で勝利した。

「間違いなく今大会は自分にとって一番良い大会になっています。」と述べた大坂は、日本勢で1995年のクルム伊達公子以来21年ぶりの優勝をかけて、決勝で元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)と対戦する。

ウォズニアキとの対戦については「今は別に深く考えていない。彼女のことだから、厳しい球を打ってくると思うけど、自分もそれにしっかり対応していきたい。」と意気込みを語った。

最後には昨夜同様日本語で「おやすみー」と言いながら会見会場を後にし、記者たちを和ませた。

tennis365.net

最終更新:9/24(土) 19:52

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]