ここから本文です

大坂なおみの「強み」語ったスイトリナ「とても良い試合をした」<女子テニス>

tennis365.net 9/24(土) 20:41配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は24日、シングルス準決勝が行われ、6-1, 3-6, 2-6の逆転で敗れた世界ランク20位のE・スイトリナ(ウクライナ)は試合後の会見で、対戦した同66位で18歳の大坂なおみ(日本)の「強み」について語った。

【東レPPO対戦表】

この日、第1セットを難なく先取したスイトリナだったが、第2セットから徐々に調子を上げてきた大坂に押されて逆転を許し、1時間46分で敗れた。

スイトリナは「試合自体はとても良かったと思っている。ただ、大坂選手がとても良い試合をしたのではないかと感じている。最後は負けてしまい、自分としては残念。」と大坂との3度目の対戦を振り返った。

また「第1セットでは支配できていた試合だったにも関わらず、それを続けることができなかった。自分らしさを欠いてしまった部分があった。」と敗因も分析していた。

大坂については「彼女はどちらのサイドからもしっかりと打つことが出来る選手。そこが強みではないだろうか。今日彼女には良いチャンスを与えてしまって、やりやすいようにさせてしまった。」と述べていた。

勝利した大坂は決勝で、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)とツアー初優勝をかけて激突する。

tennis365.net

最終更新:9/24(土) 20:41

tennis365.net