ここから本文です

“ルーニーOUT”でマンU爆発! セットプレイから3点を挙げ、プレミア王者を圧倒

theWORLD(ザ・ワールド) 9/24(土) 22:31配信

岡崎は2戦連続ベンチスタート

日本代表FW岡崎慎司を擁するイングランドのレスターが24日、アウェイでプレミアリーグ第6節マンチェスター・ユナイテッドと激突した。

ここ2試合勝利から遠ざかっている赤い悪魔だが、宿敵レスターをオールド・トラッフォードに迎えたこの一戦では爆発的な攻撃力を披露することに。ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョは主将のウェイン・ルーニーをベンチスタートとし、出場機会の少なかったファン・マヌエル・マタを先発で起用。試合はスタートからホームのマンチェスター・ユナイテッドが主導権を握り、魅力溢れるスムーズな攻撃を展開すると、前半22分に左CKからCBのスモーリングが頭で合わせ先制。さらにリンガードの落としからエリア内に抜け出たマタが得意の左足でネットを揺らすと、その後も立て続けにセットプレイからラッシュフォードとポグバがゴールを挙げレスターを畳み掛ける。

ジェイミー・バーディとイスラム・スリマニの2トップでゲームに臨んだプレミア王者は60分にデマライ・グレイによる目の覚めるようなミドルシュートで一矢報いるものの、追い上げることができず1-4と大敗。カップ戦でチェルシー相手に2ゴールと爆発していた岡崎には最後までチャンスは与えられず、一方のユナイテッドはリーグ戦の連敗を2でストップさせた。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/24(土) 22:32

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革