ここから本文です

澤柳璃子のダブルスは準決勝で敗退 [ソウル/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/24(土) 21:00配信

「韓国オープン」(WTAインターナショナル/韓国・ソウル/9月19~25日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準決勝で、セニア・リキーナ(ロシア)/澤柳璃子(ミキハウス)は第2シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)/ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)に2-6 2-6で敗れた試合時間は56分。

大前綾希子がプリプーチとのダブルスで決勝進出 [韓国オープン]

 21歳の澤柳は1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のハン・スンヒ/キム・ダビン(ともに韓国)を6-2 6-1で倒してWTAツアーでの初勝利を挙げると、準々決勝では奥野彩加(Club MASA)/アランチャ・ラス(オランダ)を6-7(7) 6-4 [10-5]で破っていた。

 澤柳はシングルスの予選に出場していたが、2回戦でカタジーナ・ピテール(ポーランド)に3-6 7-6(4) 2-6で敗れていた。

 フリプケンス/ラーションは決勝で、大前綾希子(島津製作所)/ピアンタン・プリプーチ(タイ)と対戦する。大前/プリプーチは準決勝で、第3シードのデミ・シヒュース(オランダ)/レナタ・ボラコバ(チェコ)を6-2 7-6(3)で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/24(土) 21:00

THE TENNIS DAILY