ここから本文です

宮前トンネル殺人10年 情報提供求めチラシを配布

カナロコ by 神奈川新聞 9/24(土) 7:00配信

 川崎市宮前区梶ケ谷のトンネルで女性が刺殺された事件は23日、未解決のまま発生から10年を迎えた。宮前署特別捜査本部は同日、現場付近と女性が利用していた東急田園都市線梶が谷駅前でビラを配り、改めて情報提供を呼び掛けた。

 事件は2006年9月23日午前0時ごろ発生。JR貨物梶ケ谷貨物ターミナル駅下トンネルで、帰宅途中だったアルバイト黒沼由理さん=当時(27)=が、何者かに胸などを刃物で刺され死亡した。

 特捜本部はこれまで2万2676人の捜査員を投入。約23万人に聞き込みをしたが、深夜の人通りの少ないトンネル内で起きた事件で目撃情報が少なく、寄せられる情報も年々減っているという。

 この日は捜査員10人が「どんな情報でもいいので連絡してください」と声を掛け、黒沼さんの当時の服装や現場周辺の地図が書かれたビラ約3千枚を配った。

 近くの会社に勤める川端敦史さん(47)は「近くをよく通るので怖い。一日でも早く捕まってほしい」と話した。情報提供は、同署特別捜査本部電話044(853)0110。

最終更新:9/24(土) 7:00

カナロコ by 神奈川新聞