ここから本文です

本郷奏多、監督から「1カ月観察したい」

Lmaga.jp 9/24(土) 16:22配信

青年マンガ誌「週刊ビッグコミックススピリッツ」で連載中のマンガをもとに実写化した人気シリーズの第3弾となる映画『闇金ウシジマくん Part3』。その舞台挨拶が24日、大阪市内で行われ、主演の山田孝之や本郷奏多が登場した。

山田孝之らと終始楽しげだった本郷奏多

究極のマネーゲームに挑む沢村真司を演じる本郷は、塾長・天生翔を演じた浜野謙太との共演が多かったといい、「浜野さんはすっごく研究して天生先生を演じてらして、現場入ったときはもう話し方だったりビジュアルだったり、ものすごくこだわって作ってきてて。すごいかっこいい俳優さんだなって尊敬してたんですけど、日が経つにつれて、天生先生の周りにはきれいな女性がたくさんいらっしゃる設定なんですけど、待ち時間がすっっっげえ楽しそうなんですよ! かっこいいと思ってたのになと思いながら、でも天生っぽいなと思って・・・」と、撮影秘話を明かした。

プライベートではゲームやガンプラが好きで家に籠もり、主食はお菓子という一風変わった私生活で知られる本郷。1カ月の休みがあったら何をするか聞かれると「休みいらないっす。(お前絶対ウソだろ!と山田)・・・ずっとゲームしてるでしょうね」と、ぶれずに返答。山口雅俊監督からも「この映画を通じて本郷くんがすごいおもしろい人間だっていうことに気付いたので、1カ月休みがあったら観察したい」と言われるほど、撮影現場でも個性を発揮していたようだった。

最終更新:9/24(土) 16:22

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]