ここから本文です

ひまりちゃん「1日も早く手術を」 うるま市建設業連合会が140万円寄付

沖縄タイムス 9/24(土) 15:00配信

 拡張型心筋症を患い米国での心臓移植が必要な森川陽茉莉(ひまり)ちゃん(1歳8カ月)のため、チャリティーゴルフ大会を行った、沖縄県のうるま市建設業連合会が23日、大会の収益金と寄付金140万9千円を「ひまりちゃんを救う会」に寄付した。具志川ゴルフクラブで、贈呈式があった。

 大会には、連合会の会員ら300人以上が参加。同ゴルフクラブの協力で、プレー料金5千円のうち4千円を陽茉莉ちゃんへの募金とした。当日、個人からの寄付もあった。

 連合会の大石根幸順会長は「一日も早く手術が成功し、元気で日本に戻ってこられるよう応援したい」と話した。贈呈式には、陽茉莉ちゃんの父方の祖母・兼城信子さん(52)=同市安慶名=も出席し「たくさんの人が協力してくれ、驚きとうれしさを感じている」と感謝した。

最終更新:10/2(日) 10:15

沖縄タイムス