ここから本文です

英語オンリーの空間 小松市立高に開設

北國新聞社 9/24(土) 3:06配信

 小松市立高は23日、英語に特化した専用の学習スペース「イングリッシュ・テーブル」を開設した。相談室を改修した広さ約60平方メートルのスペースに英語の絵本や小説約100冊、英語のDVD20本などを収蔵しており、室内では基本的に英語で話す。

 昼休みや放課後などに、ALT(外国語指導助手)や英語科教諭が滞在し、生徒が自由に英語に親しむ。英語部の活動拠点としても利用する。

 開設式では、英語部の福田凪紗さん(2年)が「洋画を見たり洋書を読んだりして、どっぷりと英語に漬かりたい」と英語でスピーチした。友田孝校長があいさつ、和田慎司市長らが祝辞を述べた。

北國新聞社

最終更新:9/24(土) 3:06

北國新聞社