ここから本文です

初老みこし練る 山中温泉、こいこい祭開幕

北國新聞社 9/24(土) 3:06配信

 加賀市山中温泉の第56回こいこい祭(まつり)は23日、同温泉一帯で2日間の日程で始まった。今年度初老を迎える山中中の卒業生でつくる「壬申(じんしん)会」の20人が厄よけの初老みこしを担いで練り歩き、温泉街に熱気をもたらした。

 山崎真嗣(まさし)会長が初老みこしに鳳凰(ほうおう)の飾りを取り付けた後、扇子柄の衣装を身に着けたメンバーが山中温泉白山町の白山神社を出発し、約4時間行進した。

 山中小の鼓笛隊や山中中のブラスバンド部、河南小マーチング隊の演奏や山中節輪おどりもあり、住民や観光客が伝統の祭りを楽しんだ。

北國新聞社

最終更新:9/24(土) 3:06

北國新聞社