ここから本文です

[MOM1888]仙台ユースMF熊谷奎哉(3年)_中学時代の左SB経験生かし2ゴールに絡む

ゲキサカ 9/24(土) 23:08配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[9.24 高円宮杯プリンスリーグ東北第18節 尚志高 2-3 仙台ユース 尚志高G]

 一度は0-2と窮地に立たされたベガルタ仙台ユースだったが、同点ゴールの起点となり、逆転ゴールを挙げたMF熊谷奎哉の活躍により逆転勝利。2ゴールに絡んだ熊谷が文句なしのMOMだ。

 熊谷は仙台ジュニアユース時代、左SBでプレーすることが多かったが、卓越したテクニックでゲームをつくることのできるため、ユース昇格後にボランチに転向した。今シーズンはボランチでレギュラーとして活躍してきたが、守備に課題があり、この日も序盤は守備を安定させることができなかった。

「ひょっとしたらボランチじゃない方が良いのかもしれない」と考えた越後和男監督はこの日のために左サイドでのプレーも練習させていたという。そしてレポート通り、前半の途中から左SHとしてプレーすると、ゴールに絡む大活躍を見せた。

「中学時代に左サイドでやっていたので、慣れている部分もありました。左サイドに出ることでボールをおさめたり、ゲームをつくったりすることができるので、監督の戦術に応えられて良かったです」。ジュニアユース時代左SBとして良いクロスを何度も上げていた経験がこの大舞台で生きた。

 それでも「自分たちはまだ力が足りません」と謙虚に語る熊谷は「もっと高め合って、上を目指して、参入戦で2勝してプレミアに上がりたいと思います」と、プレミアリーグ参入への強い意欲を語った。今後どのポジションで活躍するかも大いに楽しみだ。
 
(取材・文 小林健志)

最終更新:9/24(土) 23:08

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]