ここから本文です

香港H株:下落、週間上昇率が縮小-銀行株軟調、石油銘柄買われる

Bloomberg 9月23日(金)15時40分配信

23日の香港市場で、中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が下落。週間ベースの上げを縮めた。銀行株や証券銘柄が軟調。

H株指数は前日比1%安の9796.01で終了。週間上昇率は2.1%に縮小した。中国工商銀行(1398 HK)と中国銀河証券(6881 HK)の下げが目立った。

一方、ゴールドマン・サックス・グループが投資判断を「買い」に引き上げたチャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)は1カ月ぶりの大幅高。原油相場が1バレル=45ドルを上回って推移したことから、中国石油化工(SINOPEC、386 HK)も高く、週間ベースで2カ月ぶりの大きな上げとなった。

ハンセン指数は前日比0.3%安。週間上昇率は1.5%。本土市場の上海総合指数は前日比0.3%安の3033.90で引けた。

原題:China H Shares Pare Weekly Gain as Banks Drop; Oil Stocks Climb (抜粋)

Shidong Zhang

最終更新:9月23日(金)18時47分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]