ここから本文です

やっぱりシンガポールが一番、海外で働くにも子育てにも

Bloomberg 9月23日(金)15時40分配信

海外駐在員が生活し働き子供を育てる場所として最高なのはシンガポール。HSBCホールディングスの年次調査で2年連続このような結果が出た。190カ国・地域で働く2万7000人近くを対象とした調査で、ニュージーランドが僅差の2位だった。

多くの項目について差は小さかったが、所得とキャリア展望でニュージーランドが後じんを拝した。個人ファイナンスの項目でニュージーランドは41位、シンガポールは8位だった。

アジア太平洋地域でトップ10に入ったのは2カ国のみで、20位までにオーストラリアと香港、台湾、ベトナム、日本が入り、米国は30位だった。

シンガポールが1位になった理由は収入の高さや経済への安心感。安全性も日本に次いで2位。キャリアのために有利との回答は60%を上回った。家族連れにとっての暮らしやすさの点でも上位で、学校と保育の質、子育ての費用を含めて3位。教育の質は世界一。教育の質で日本は9位だった。

原題:How Singapore Beat New Zealand to Be Expats’ Top Place to Live(抜粋)

Livia Yap

最終更新:9月23日(金)15時40分

Bloomberg