ここから本文です

ソシエテ元トレーダーに1.1億円の弁済命令-負わせた損失は5550億円

Bloomberg 9月24日(土)2時53分配信

未承認トレードで仏銀ソシエテ・ジェネラルに巨額損失を負わせたジェローム・ケルビエル氏に対し、仏ベルサイユ控訴審は100万ユーロ(約1.1億円)を弁済するよう言い渡した。同氏が8年余り前のトレーディングで発生させた49億ユーロ(約5550億円)の損失に比べ、わずかな額に減額された。

ケルビエル氏(39)の損失は、金融の歴史上でも最も有名な「ならず者トレーダー」による事件の1つとして知られる。控訴審は29ページにわたる判決文で、ソシエテに「複合的な過失」があり、事件発生を許す「重要かつ決定的な役割」を果たしたと指摘した。

「この行為を犯した人物がどれほど狡猾で意思を持っていたにしろ、または使われた手法が巧妙だったにしろ、ソシエテ・ジェネラルの管理制度が不完全でなければこれほど損失が膨らむことは決してなかった。この体質が高度のぜい弱性を招いた」と続けた。

ケルビエル氏の法廷闘争は長年に及び、損失の責任がソシエテにあると訴えてきた。2014年に確定した刑事裁判の判決では損失の全責任が同氏にあるとされたが、ソシエテへの損失弁済命令は破棄された。

今回の判決について、ソシエテは電子メールで配布した発表文で「ケルビエル氏の返済能力を考慮すれば、現実的かつ実行可能な」判断だとし、満足していると評価。同行の納税状況に影響はないとの見方を示したが、仏財務省の声明によれば、サパン財務相とエケル予算相は判決が及ぼす同行の2008年提出分への影響を調査するよう、税務当局に指示した。

原題:Kerviel Bill Cut to $1 Million From $5.5 Billion by Judges (2)(抜粋)

Gaspard Sebag, Fabio Benedetti Valentini

最終更新:9月24日(土)2時53分

Bloomberg