ここから本文です

【ROAD FC】豪快フックでチェ・ホンマン粉砕、マイティ・モーが初代無差別級王者に

イーファイト 9/25(日) 0:44配信

ROAD FC
「ROAD FC 033」
2016年9月24日(土)韓国ソウル市・チャンチュン体育館

【フォト】前日計量に登場したホンマン(左)とモー(右)

▼第8試合 無差別級トーナメント決勝戦 5分3R
○マイティ・モー(アメリカ)
KO 1R 4分06秒 ※右フック
●チェ・ホンマン(韓国)

 両者はK-1で2度対戦しており、1度目は2007年3月にモーが2Rで右フックによるKO勝ち、2度目は同年9月にホンマンが判定2-0で勝利。今回はMMA(総合格闘技)ルールで3度目の決着戦となった。

 1R、見合った状態が続く両者。1分が経過した頃に、モーが豪腕を繰り出しながら一気に突進。ケージにホンマンを押し込み、組み付いた状態からボディに拳を打つ込む。そのまま膠着状態が続くと、モーは自ら離れて左右のフックを連続ヒットさせる。ふらつくホンマンにモーは再び左フック、右アッパーを叩き込む。防戦一方になるホンマンは笑みを見せて効いてないとアピールするが意地もここまで。モーが渾身の右フックを振り抜くと、力なく腰からマットに崩れ落ちた。 

 9年越しの決着戦で45歳になったモーが豪快KO勝ちを収め、見事ROAD FC初代無差別級王者に輝いた。試合後にマイクを向けられたモーは開口一番「はあ」と大きな溜め息。「この年齢には応えるな。このベルトは世界中の子を持つ親に捧げよう」と10人の子どもを持つ父親らしいコメントを残した。

最終更新:9/26(月) 11:13

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています