ここから本文です

研修旅行に220万円、黒川温泉へ 内定者への手厚いフォロー 辞退防止だけじゃない企業の狙い

withnews 9/26(月) 7:00配信

もうすぐ来春卒業の学生の内定式。いまどきの学生は、「内定をもらったら内定式まで放置」なんてことはなく、企業の手厚いフォローを受けています。研修旅行だったり、仕事を学ぶ課題だったり。一体、なぜ企業は内定者フォローにお金も手間ひまもかけるのでしょうか?

【マンガ】部下への怒号「何で出来ないんだ!」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く失敗

温泉地めぐるフィールドワーク 学生も真剣

旅行系情報サイト「じゃらん」を運営するリクルートライフスタイル。7月、約20人の内定者が飛行機とバスを乗り継ぎ、熊本・黒川温泉に集まりました。人事の社員の他に、役員4人も参加。総額220万円をかけた1泊2日の研修旅行です。

学生たちには「温泉地の改善・PR策を考える」と課題が与えられました。3チームに分かれ、1人2000円の調査費用が手渡されました。自分たちの足で温泉地を巡り、話を聞き、お金を使って消費者の気持ちで提案を考えるのです。旅行をビジネスにするリクルートライフスタイルならではの研修。夜になっても学生の自発的な議論は続いたそうです。

ある学生は、温泉街を巡るなかで、写真スポットが少ないことに気づきました。インスタグラムに投稿しようにも、撮る場所がない。若者を呼び込むため、写真スポットを増やす提案をしました。別の学生は食べ歩きをしていて、街の「鉄板メニュー」が必要だと提案しました。

「フォローしないと学生が離れる」

リクルートライフスタイルは例年、東京の本社から近い熱海で研修旅行をしていました。ところが、今年は奮発。企画に携わった人事部の石原苑子さんは、「売り手市場で、内定を出したからといって必ず学生がくる状況ではなく、フォローをしないと学生が離れます。例年より質の高いものを目指しました」と狙いを話します。

学生の引きとめだけではありません。この合宿では、フィールドワークや提案といった課題をこなすなかで、ビジネスの面白さを感じ、ビジネスの入り口にたってもらう、教育の狙いもあるといいます。あ

内定者にかける金額 平均95万円

情報サイトを運営するオールアバウトは、10月に河口湖周辺で社長や役員が参加する合宿を開く予定です。アスレチック体験やチーム単位でのゲームなどを通じ、経営陣との懇親を深めたり、社内の人脈形成につなげたりするのだといいます。

住宅資材大手のJKホールディングスは、9月から入社までの期間を「0年次研修期間」と位置づけ、インターンシップを手伝ってもらったり、英語学習をしてもらったりするプログラムを今年から始めました。

就職情報会社マイナビによると、企業が内定者にかけるお金は今春卒で平均約95万円。リーマン・ショック後に底をうった2011年卒(同70万円)から3割超の増加です。懇親会や誓約書の提出といった簡単なものだけでなく、合宿や課題の提出など手間ひまかけて行うものもあります。

背景に三つの動き

いったい、なぜなのか。
採用コンサルタントの谷出正直さんは、「フォローは年々丁寧になってきている」としたうえで、以下の三つの動きが背景にあると分析します。

・有効求人倍率の上昇→内定者の辞退の防止が重要になった。

・3月に広報解禁、6月に採用解禁という短期決戦→内定者に自社の理解を深めてもらうことや、人脈作りが重要になった

・入社後に育成という考え方ではなく、即戦力化が求められるように→内定者の育成が重要になった

来年も似たような環境になるとみられます。学生にとっては刺激のある、人事担当者にとっては気の休まらない日々がまだ続きそうです。

最終更新:9/26(月) 7:00

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。