ここから本文です

「超特急」が甘く囁く!新曲MVをVRで配信

cinemacafe.net 9/25(日) 12:00配信

国内最大級の夏フェス「a-nation」出演アーティストのオリジナルVR作品を多数配信する、dTVが提供するVR視聴専用アプリ「dTV VR」。このほど、「超特急」の最新シングル曲「Yell」のオリジナルVRミュージックビデオが配信されることになった。

【写真】「超特急」VRミュージックビデオ「Yell~VR ver.~」カット

今夏に開催された「a-nation stadium fes. powered by dTV」の模様を、10月から映像配信サービスとして初めてVR配信するdTV。それに先駆け、「a-nation」出演アーティストのVR作品を次々送り出し、12万以上のアプリダウンロードを記録するなど注目を集めてきた。

そして今回は、メインダンサー&バックボーカルという斬新なスタイルで大人気の7人組グループ「超特急」の最新シングル曲「Yell」のオリジナルVRミュージックビデオを配信。「Yell~VR ver.~」は、視聴者自身が超特急メンバーの一員になったという設定の下、目の前の至近距離で、メンバーがダンスの振付指導やメイク(!)をしてくれる姿や、あなただけを見つめながら語りかけてくる。

中でも、メンバー全員が撮影に緊張している“あなた”に向けて甘い言葉を囁くシーンは必見で、胸キュン必至の内容に。まるで、一緒にミュージックビデオの撮影に参加しているかのような感覚のVR視聴体験を味わえる。

「超特急」のメンバーは、今回のVR版MVの撮影に、「僕ら『超特急』が最近話題のVRに出演できたことはとてもうれしく、楽しみながら撮影も行うことができました。撮影時はスタジオに360度カメラしかなかったのですが、カメラの向こうに作品を見ている人がいるかのように撮影したので、声をかけたりするのが少し恥ずかしかったです」とコメント。

VR体験には興奮した様子で、「映像が立体的にみえてVRはスゴいですね! メンバーひとりひとりが違う動きをしているので、何度も作品を見て楽しんでいただきたいです」と語り、さらに、「360度の世界で超特急が見れちゃいます! この作品を見て元気をもらったり、お仕事や学校を頑張れるきっかけになれたら嬉しいです」とファンに向け、期待を込めてメッセージを贈っている。

また、8月27日&28日の2日間開催され、約11万人の来場者を動員した「a-nation stadium fes. powered by dTV」のライブステージを、10月からはVRで配信。ヘッドライナーを務めた「BIGBANG」(27日)、浜崎あゆみ(28日)をはじめとする豪華アーティストのライブパフォーマンスがVRで楽しめ、抜群の没入感と臨場感を手持ちのスマートフォンなどでも体験できる。「dTV VR」アプリをダウンロードすれば、「AAA」、「Acid Black Cherry」、「Da-iCE」といったアーティストのVR作品が視聴可能。

「超特急」のオリジナルVRミュージックビデオ「Yell~VR ver.~」はVR視聴専用アプリ「dTV VR」にて配信中。

最終更新:9/25(日) 12:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]