ここから本文です

【UFC】”世界最恐女子”サイボーグ10連続KO勝ち

イーファイト 9/25(日) 14:43配信

「UFC Fight NightーCyborg vs Lansbergー」
2016年9月24日(土・現地時間)ブラジル・ブラジリアジナーシオ・ニルソン・ネルソン

【フォト】サイボーグがその首を狙うロンダ・ラウジー

▼63.50契約 5分3R
○クリス・サイボーグ(ブラジル)
TKO 2R 2分29秒 ※パウンド→レフェリーストップ
●リナ・ランズバーグ(スウェーデン)

 5月の『UFC 198』で待望の初参戦を果たした”世界最恐の女子ファイター”ことクリス・サイボーグのUFC第2戦。

 サイボーグは17戦16勝1敗1無効試合の戦績を持ち、11年間無敗。しかも勝ち星のうち14勝がKO・TKOという圧倒的な強さを誇っている。一方、UFC初参戦となるランズバーグはサイボーグと同じくデビュー戦こそ落としたが、以降は6連勝(4TKO)と無敗を維持。”エルボー・プリンセス”の異名の通り、パンチかヒジ打ちによるTKO勝ちが多い。

 1R、サイボーグがストレート連打で前へ出て組み付く。ケージへ押し込みながらのヒザ蹴り。この状態が長く続いた。離れたサイボーグはパンチの連打を見舞うが、ランズバーグが組み付く。サイボーグは振りほどきながらパンチ、ヒザ蹴り。

 残り2分でブレイクがかかり、サイボーグがパンチを放つとランズバーグが組み付く。またもサイボーグがケージに押し込む展開となるが、今度は持ち上げてテイクダウンに成功。マウントを奪うとパンチの連打。しかし、ランズバーグは起き上がることに成功。スタンドで組み合ったままラウンド終了。

 2R、右ストレートで吹っ飛ばし、テイクダウンしたサイボーグが上からパウンド、肘を落とすがランズバーグは組み付いて粘る。さらに両足でサイボーグの動きを制する。一度距離を取ったサイボーグが再びパウンド。連打が叩き込まれると、ガードしていたランズバーグだが完全に動きが止まり、レフェリーがストップした。

 これでサイボーグは1無効試合を挟んで10連続KO勝ち。UFC参戦の目的として掲げたロンダ・ラウジー戦の実現なるか。

最終更新:9/25(日) 14:43

イーファイト