ここから本文です

【インタビュー追加】熱戦の連続! 『Splatoon(スプラトゥーン)』全国大会“第2回Splatoon甲子園 2017” 東海地区大会リポート!

ファミ通.com 9/25(日) 19:12配信

●ついに“第2回Splatoon甲子園 2017”が開幕!
 任天堂より、発売中のWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』。本作の全国大会“第2回Splatoon甲子園 2017”東海地区大会が愛知県常滑市のイオンモール常滑にて開催された。本記事は、熱戦の連続だった大会の模様をお届けする。

 “第2回Splatoon甲子園 2017”は、昨年行われた前回大会より、一部ルール変更が行われている。大きな変更点としては、前回大会では固定だったギアが、自由に選択可能(※ギアパワーは初期状態)となっている。また、ステージやブキのバリエーションも増加しているため、前回大会以上に戦略の高いバトルがくり広げられた。

 ハイレベルな戦いが展開される中、準決勝まで駒を進めたのは“YOUNG☆MAN”、“H2O”、“スペシャルって溜まる?”、“あの位置からのばしゃばしゃ”、の4チーム。準決勝第1試合は、前回の東海地区予選準優勝の“YOUNG☆MAN”対“H2O”で行われた。準決勝は2本先取となっており、1試合目のマップはショッツル鉱山に決定。両者譲らぬ激しい塗り合いの末、0.9%差で“H2O”が勝利を手にした。第2試合は、デカライン高架下で行われ、序盤有利に試合を進めた“YOUNG☆MAN”だったが、中盤以降徐々に守りを崩されはじめ、逆転を許してしまう。そのまま逃げ切った“H2O”が勝利し、決勝進出を決めた。

 続く、準決勝第2試合は、“スペシャルって溜まる?”対“あの位置からのばしゃばしゃ”で実施。1試合目のマップに選ばれたのは、ハコフグ倉庫。立ち上がりは、自陣の塗りを固めつつ、ステージ中央を取り合う互角の戦いに。しかし、中盤に入り“あの位置からのばしゃばしゃ”が全滅してしまい、“スペシャルって溜まる?”が一気に陣地を塗り広げる。そのまま“スペシャルって溜まる?”が押し切るように思えたが、ラスト30秒から“あの位置からのばしゃばしゃ”が巻き返し、勝利を掴んだ。キンメダイ美術館で行われた2試合目は“スペシャルって溜まる?”が有利に試合を進める。しかし、またも終盤で“あの位置からのばしゃばしゃ”が圧倒的な粘りを見せ、逆転勝利を手にした。

 そして、決勝戦の1試合目はキンメダイ美術館で実施。両チームのチャージャーが活躍を見せ、両チーム1歩も譲らぬ激しい戦いに。最終的には“H2O”が押し切り、1試合目を制した。続く2試合目は、デカライン高架下。勢いに乗った“H2O”が試合を有利に進めていたが、ラスト10秒から一瞬の隙を突いて“あの位置からのばしゃばしゃ”が反撃開始。そのまま一気に陣地を塗り替えし、意地を見せた“あの位置からのばしゃばしゃ”が勝利した。そして、優勝が決定する3試合目はモズク農園で行われた。最終試合にふさわしいハイレベルな戦いがくり広げられた結果、“H2O”が“第2回Splatoon甲子園 2017”東海地区大会優勝を手にした。

 優勝した“H2O”と準優勝の“あの位置からのばしゃばしゃ”は、2017年2月11日(土)・2017年2月12日(日)の闘会議2017で開催される全国大会に東海地区代表として出場する。

 なお、次回の“第2回Splatoon甲子園 2017”地区大会は10月16日にイオンモール札幌平岡で開催される北海道大会。出場者の参加受付は9月29日23時59分まで受付中なので、興味がある方は申し込んでみてはいかがでしょうか?

※画像は生放送番組をキャプチャーしたものです。

----------

[2016年9月25日20時2分 インタビューを追記しました]

●優勝と準優勝チームにインタビュー
■準優勝“あの位置からのばしゃばしゃ”

――今回のキーマンはやはり、ダークパブロマンさんですよね。
ダークパブロマン ダイオウイカでうまく敵を倒せたり、逃しても仲間がフォローしてくれたり、上手く連携が取れました。決勝戦の2試合目で、味方3人が倒されてしまったとことで、自分が裏側から回り込んで、そこから逆転できたのは、アツくなりました。

――ふだんから、パブロで切り崩していくという戦いかたなのでしょうか?
ダークパブロマン ガチマッチやプライベートでプレイしているときも、攻撃力アップのギアを入れて、できるだけ味方より前に出て、2~3人倒して打開をするような戦いかたをしています。あとは、味方のサポートとして、足元や後ろを塗ってあげるときもあって、前線とサポートの両方をやっています。

――パブロは扱うのが難しいですよね?
ダークパブロマン そうですね。連打しないと最高火力を出すことができないですし、振った後、つぎの行動に移るまでの硬直時間も長いので苦労しています。

――では、全国のパブロ使いに使う上でのアドバイスをお願いします。
ダークパブロマン 相手を見る力やまわりを見る力も必要なんですけど、何よりも味方を見る力が必要です。あと、本当に連打が重要です(笑)。

――ふだんから人差し指を鍛えないといけないですね。
ダークパブロマン パブロ使いは、人差し指派と中指派に分かれると思うんですけど、自分は数少ない中指派なんです。

――そうなんですね。
ダークパブロマン 中指で連打すると、同時に人差し指でサブウェポンも使えるので、楽なんです。

――なるほど。それはポイントですね。
ダークパブロマン 慣れるまで、本当にたいへんですけどね。

――ふだんは、どういう感じで練習しているのでしょうか?
ゆてん ほかのチームが練習相手を募集していることもあるので、そこに参加しながら、フォーメーションなどを決めていきました。

リューソロ フォーメーションは、武器の相性によっても変えることがあります。

――臨機応変に変えているんですね。
ダークパブロマン いい例を挙げるとすると、モズク農園で自分が左方面に行ってしまうと裏取りから来る敵に対応できなくなってしまうので、シューターの味方に行ってもらって、自分が裏取りにまわるということをやっていました。

――では、最後に全国大会への意気込みをお願いします。
ゆてん 今回は悔しい思いをしたので、全国大会では優勝を目指します!


■優勝“H2O”

――今回の決め手は何だったと思いますか?
Speed ずっとこのメンバーでプレイしているので、息があっているところだと思います。カバーも何も言わずにできるくらいの最高のメンバーです。

――練習はどのようにしていったのでしょうか?
Speed ブキは相談して決めたのですが、立ち回りは「いままで通りで」という感じでした。ナワバリバトルだと少しだけ立ち回りが変化するんですけど。

――ということは、ふだんからガチマッチを4人でプレイされることが多いんですね。
Speed よくやっています。

――今回の大会でいちばん活躍したなという人は誰だと思いますか?
きらぁさん きらぁさんじゃないですか(笑)。

――自分で言いますか(笑)。具体的にはどういう場面で活躍できたと思いますか?
きらぁさん 最後の試合で、裏取りが上手くいって、ふたり倒せたのはかなり大きかったと思います。

――いちばん厳しかったのはどの試合でしたか?
Speed 初戦ですね。残り30秒で負けている状態で、全員で突っ込んでギリギリ勝てたですけど、かなりハラハラしました。

――きらぁさんは、ふだんからスプラスピナーコラボを使っていたわけではなかったということですが、それまでは何を使っていたのでしょうか?
きらぁさん スプラシューターコラボやガロン系を使っていました。

――それを大会に向けて、チーム内で話し合って変更したという感じですね。
きらぁさん そうですね。

――スプラスピナーコラボはオススメですか?
きらぁさん 本当に強いので、ぜひオススメしたいです。

――では、最後に全国大会への意気込みをお願いします。
Speed ここまで来たので勝つしかないと思います!

最終更新:9/25(日) 20:19

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]