ここから本文です

あのセレブモデルや注目女優もゾンビを倒す!『高慢と偏見とゾンビ』の姉妹たち

cinemacafe.net 9/25(日) 15:00配信

世界中の女の子の憧れアイコン『シンデレラ』を好演したリリー・ジェームズが、ゾンビと戦う最強レディを演じる『高慢と偏見とゾンビ』。リリーが演じる次女エリザベスをはじめ、本作に登場するベネット家の5人姉妹には、いま話題の旬なヤングセレブたちの姿も! そんな彼女たちの新場面写真が解禁となった。

【写真】ベラ・ヒースコート&リリー・ジェームズ/『高慢と偏見とゾンビ』

キーラ・ナイトレイ主演で『プライドと偏見』として映画化もされた恋愛小説の金字塔「高慢と偏見」。本作は、18世紀イギリスの片田舎で、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを綴り、いまなお多くのファンに愛されているその舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えたベストセラー小説「高慢と偏見とゾンビ」を完全映画化。原作小説を気にいったアカデミー賞女優ナタリー・ポートマンが、プロデューサーとしても名を連ねている。

主人公のベネット家の利発な次女エリザベスを演じるのは、ディズニー映画『シンデレラ』の主演に大抜擢され、英国貴族社会を描く人気TVドラマ「ダウントン・アビー」のローズ役でも知られるリリー・ジェームズ。彼女が演じるエリザベスをはじめ、本作に登場する姉妹たちは、母親が花婿候補に躍起になるところは同じでも、そろいもそろってゾンビ退治にいとまがない。

まず、5姉妹の長女ジェインを演じるのは、ブロンドヘアとガラスのような澄んだ青い目にすいこまれそうなベラ・ヒースコート。ティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演映画『ダーク・シャドウ』で瞬く間に存在が知れ渡り、「可愛すぎ!のあの子は誰?」と評判になった。長女ジェインといえば、その淑やかな美貌で資産家・ビングリー(ダグラス・ブース)もたちまち夢中になってしまうモテる女子。親友ビングリーに先を越された感のダーシー(サム・ライリー)も思わず悔しがるほど。しかし、そのスレンダーな体のどこにパワーを秘めているのか、藪の中から突如襲いかかるゾンビを手持ちのライフルで次々なぎ倒す!

また、四女キティを演じるのは、そのファッションや動向で常にゴシップサイトを騒がせているイギリスの人気モデル、スキ・ウォーターハウス。16歳からモデルを始めた彼女は、インスタグラムでは100万人のフォロワーを持ち、セレーナ・ゴメスやカーラ・デルヴィーニュ、ジョージア・メイ・ジャガーが親友。現在、女優業へのアプローチも目覚ましく、リリー・コリンズ×サム・クラフリンの『あと1センチの恋』やシャイリーン・ウッドリー主演『ダイバージェントNEO』などに出演し、その超スウィートなルックスとモードなセンスを生かして活躍中だ。

今回演じるキティは、姉妹の中で長女ジェインに次ぐ美貌を有し、親しみやすい可憐な魅力の持ち主でもある。演じたスキは、小さいころから習っていた空手を生かして本作のオーディションに合格、アクションシーンでは青あざだらけになりながらも、「難しかったけれど楽しかった」と語っている。

製作陣が目指した「史上最も美しいゾンビ映画」は、このキャスティングだからこそ実現したといえそうだ。

『高慢と偏見とゾンビ』は9月30日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。

最終更新:9/25(日) 15:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]