ここから本文です

ゴールドアクターが差し切り完勝! 重賞4勝目/オールカマー

netkeiba.com 9/25(日) 15:51配信

 25日、中山競馬場で行われたオールカマー(3歳上・GII・芝2200m)は、6番手でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の1番人気ゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎)が、直線で前を捕らえて先頭に立ち、最後は内で食い下がった3番人気サトノノブレス(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分11秒9(良)。

 さらに1馬身差の3着に6番人気ツクバアズマオー(牡5、美浦・尾形充弘厩舎)が入った。なお、2番人気マリアライト(牝5、美浦・久保田貴士厩舎)は5着に終わった。

 勝ったゴールドアクターは、父スクリーンヒーロー、母ヘイロンシン、その父キョウワアリシバという血統。昨年の有馬記念を含む5連勝で挑んだ天皇賞(春)では12着と惨敗を喫したが、復帰戦のここで改めてその実力を見せつけた。なお、本馬はこの勝利で10月30日に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆ゴールドアクター(牡5)
騎手:吉田隼人
厩舎:美浦・中川公成
父:スクリーンヒーロー
母:ヘイロンシン
母父:キョウワアリシバ
馬主:居城寿与
生産者:北勝ファーム
通算成績:16戦9勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2015年有馬記念(GI)

最終更新:9/25(日) 17:57

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革