ここから本文です

【パリモーターショー16】オペルの4座オープン、カスケーダ にスポーティ仕様

レスポンス 9/25(日) 10:00配信

GMの欧州部門のオペルは9月15日、『カスケーダ』(CASCADA)に「シュープリーム」を設定すると発表した。実車は9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開される。

画像:オペル カスケーダ シュープリーム

カスケーダは2012年10月、オペルの中型オープンカーとして登場。オペルのラインナップでは、『アストラ』と『インシグニア』の間に位置付けられる。車名のカスケーダとは、スペイン語の「滝」に由来するもの。

カスケーダのボディサイズは、全長4697mm、全幅1840mm。大人4名が乗車できるゆとりの室内スペースが追求された。ルーフは、電動ソフトトップ。17秒で開閉操作は完了する。50km/h以下なら、走行中でも開閉可能。高品質なソフトトップは、カラーが3色から選択できる。

パワートレインは、ガソリンとディーゼルの複数ユニットを用意。中でも、新世代の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力170ps、最大トルク28.6kgmを発生。オペルによると、豊かなトルクと優れた燃費を両立しているという。

パリモーターショー16で初公開されるカスケーダのシュープリームは、スポーティ性を追求した特別モデル。20インチのツートンホイールをはじめ、グリルやドアミラーは、ブラック仕上げ。ステアリングホイールやシートも、スポーツ仕様に変更されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/25(日) 10:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。