ここから本文です

【RIZIN】MMA第2戦で元UFCファイターと対戦するサワー「相手の打撃はまだまだ」

イーファイト 9/25(日) 15:29配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催の格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』に出場する選手たちの個別インタビューが、23日(金)千葉県内にて行われた。

【フォト】インタビューに応じるサワー

 元UFCファイターのダロン・クルックシャンク(アメリカ)と対戦するアンディ・サワー(オランダ)は、K-1 WORLD MAX世界トーナメントで2度優勝、シュートボクシング (以下SB)S-cup世界トーナメント4度優勝の実績を引っさげ、昨年大みそかの『RIZIN』でMMA(総合格闘技)デビュー。長島☆自演乙☆雄一郎をKOした。今回がMMA第2戦となる。

●アンディ・サワー

ーー今回の調子はどうですか?

「とても良いよ」

ーー対戦相手の印象は?

「ハイライトしか見ていないが、良い試合をしていたと思う」

ーーダロンは「サワーより自分の方が武器が多い」と言っていました。

「ダロンは僕よりMMAでは経験があると思うが、自分にもシュートボクシング、を始め打撃の試合ではそれなりの経験がある。これは自分にとって大きなチャレンジだし、ダロンは良い対戦相手になると思う。エキサイティングなファイトになるだろうね」

ーー打撃では負けない、と?

「確かにダロンはMMAという観点から見れば、打撃は凄く良いものを持っていると思う。でも、キックボクシングのレベル、自分のパンチや蹴りのレベルと比べるとまだまだだ。ただし、彼のMMAの技術は自分がMMAファイターとして辿り着きたいレベルでもある。やはり僕にとっては大きなチャレンジになると思う。自分にとっては大きな意味があるよ」

ーーK-1でもSBでもベルトを獲っていますが、MMAではどうですか?

「正直に言うと、とてもハードだよ。キックとMMAでは全てが違う。自分にはキックの知識はあるが、MMAではまだまだ全然足りない。知らないことがたくさんある。今までしたことがないような怪我をすることも多くなったね。キックでは足が腫れることはよくあったけれど、指を痛めることはあまりなかった。でも自分にとっては新たなチャンスだよ。自分はれっきとしたストライカーだが、それでもMMAで打撃について新しいことを学んでいると思う。フットワークや打つタイミング、間合いも変わってくるしね」

ーーキックボクサーがMMAに転向する流れも増えてきています。それについてはどう思いますか?

「オランダでもキックはかつてのように大きなステージではなくなったし、キックのレベルもそれほど高いとは言えない。それに反してMMAの方が大きくなってきていると思う。MMAで活躍するチャンスを意識するキックボクサーもいると思う」

ーーもうキックボクサーとしてのアンディ・サワー選手をを見ることは出来ないのですか?

「キックボクシング(SBは含まない)は最近辞めた。4月にやったのが最後の試合だ。今はMMAだけに集中している。今はRIZINでチャンピオンになりたいと思っているよ。キックのキャリアの中ではある程度達成したとも思っているので、MMAで新たなチャンレンジを楽しんでいる」

ーー次の予定はありますか?

「次の試合は11月のSBだね。その次は年末のRIZINで出来れば良いと思っているよ」

最終更新:9/25(日) 15:29

イーファイト