ここから本文です

水玉模様の勝負服で!台湾のシンデレラボーイが日本初勝利

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/25(日) 19:06配信

◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 最終日(25日)◇茨木カンツリー倶楽部 西コース(大阪府)◇7320yd(パー70)

「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」のフォトギャラリー

“シンデレラボーイ”と呼ぶのにふさわしい逆転劇だ。2アンダーの13位タイから出たセン世昌(台湾)が8バーディ「62」で回り、通算10アンダーとして逆転優勝を飾った。アジアンツアーは7月の「キングスカップ」に続く2勝目。日本ツアーは初勝利で、台湾勢としては2006年の葉偉志以来のタイトル獲得となった。

3日目を終えてトップとの差は6ストローク。最終組の5つ前の組のプレーは「あまりに差があったので、トップ5にでも入れたらいい。1打に集中していこう」という無欲を貫いたものだった。3つスコアを伸ばして折り返すと、13番でバンカーからの3打目を直接カップに放り込むなどバックナインで5バーディ。「アイアン、1W、パターとすべて良かった。本当にうれしい」という顔もまだ驚きに満ちていた。

現地での発音はチャン・シーチャン。自転車のロードレースに打ち込んでいた幼少期を経て、現在はティーチングプロの父の「レースは危険」という勧めから、15歳でゴルフの道を歩みだした。アマチュア時代の2006年にはキム・キョンテ(韓国)が個人・団体で金メダルを獲得した「アジア大会」で3位となったが、20歳でプロ転向してからは下積みが続いた。

台湾のローカルツアーなどで腕き、アジア下部ツアーで通算5勝。才能が開花したのは30歳で迎えたこの夏。7月にアジアンツアーで初勝利を飾り、台湾ツアーでもその後1勝。そして今大会で日本ツアーも制した。これまで、すべての優勝シーンは白地に紺の水玉模様の勝負シャツ。「キングスカップで勝ってから、欧州ツアーの大きな大会にも出て自信が出てきた」と、まさに階段を駆け上がっている最中だ。

日亜両ツアーを兼ねた共同主管試合での優勝で、アジアンツアーは年間複数回勝利による来年からの5年シードを獲得。日本でも2018年末までのシードを確保し、試合後すぐにツアーメンバーへの登録を済ませた。次週はアジアの「マーキュリーズ台湾マスターズ」で凱旋し、翌週「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」で再び日本ツアーに参戦することを決めた。11月末には台湾代表として「ワールドカップ」にも出場する。

いまある夢のひとつは欧州ツアーでシード権を取ること。渡り歩く“世界”はまた少し広くなった。(大阪府茨木市/桂川洋一)

最終更新:9/25(日) 23:35

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。