ここから本文です

「仮面ライダーゴースト」山本涼介、敗北宣言?

シネマトゥデイ 9/25(日) 18:16配信

 本日最終回を迎えた特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」で仮面ライダースペクター/深海マコト役を務めた、モデルで俳優の山本涼介が25日、渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで行われた発売記念イベントに来場、共演者の西銘駿にまさかの敗北(?)を宣言した。

「仮面ライダーゴースト」山本涼介、共演者・西銘駿に「10代のパワーには負ける」 画像ギャラリー

 「仮面ライダーゴースト」では仮面ライダースペクター/深海マコトを演じ、雑誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとしても活躍する山本初の写真集「MOMENT」の発売を記念して行われた本イベント。見どころについて聞かれると、「仮面ライダーで共演した西銘君から写真集をいただいたんですが、10代ならではのエネルギッシュな若さがあって。同じ土俵で戦っても10代のパワーには負ける。僕も最近、年を感じるので」と21歳でありながら、まさかの敗北(?)宣言。

 しかしそれだけに21歳の山本にしか出せない瞬間を詰め込み、その思いを「MOMENT」というタイトルに託したという。「僕にしか出せない表情だったり、役者としての一面、『MEN'S NON-NO』で培ったモデルの一面だったり、僕の個性を詰め込みました、一回でおなかいっぱいになるような写真集ではなく、何回も見たくなるような、細かいところにこだわった写真集になった」と自信を見せる。

 太陽がさんさんと降り注ぐグアムでロケを行ったという写真集には、海やプールでの水着姿、リラックスモードの寝起き姿、夜の街で大人の色香を振りまくスーツ姿など、21歳の山本が凝縮されている。中でも水着姿のセクシーショットが収められていることについて「こんなに脱ぐつもりじゃなかったのに、カメラマンさんがのせるのが上手な方で。気付いたら抵抗なく脱いでいたんです。後で写真集を確認したらこんなに脱いでいたんだと思いましたね」と笑いながら振り返る。

 また、写真集の中では、自身の生い立ちなどについても赤裸々に答えたインタビューが収められている。そこで山本は「恋愛に興味が薄すぎる」とも答えており、その真意について「仕事が楽しすぎるというか。なかなかそっちに頭がまわらなくて。ひとつのことに集中してお仕事ができたらそれでいいなと思います」と説明。好みのタイプについても「特にこんな子がいいというのはなくて、感覚というか。しゃべっていて話が合ったり、服装の趣味があったりそういう子がいいですね」と付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

山本涼介写真集「MOMENT」は発売中(税込:3,000円)

最終更新:9/25(日) 18:16

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]